2012年 第63回 朝日チャレンジカップ 動画

   

阪神11Rの第63回朝日チャレンジカップ(GIIIハンデ、3歳上、芝1800m)は6番人気ショウリュウムーン(秋山真一郎騎手)が勝利した。勝ちタ イムは1分46秒6(良)。クビ差2着に4番人気アドマイヤタイシ、さらにクビ差で3着に13番人気タガノエルシコが入った。

ショウリュウムーンは栗東・佐々木晶厩舎の5歳牝馬で、父キングカメハメハ、母ムーンザドリーム(母の父ダンスインザダーク)。通算成績は22戦5勝となった。

【2012年 朝日チャレンジカップ レース後のコメント】

1着 ショウリュウムーン(秋山騎手)
「調教で右にモタれる癖があるので、大丈夫かなと思っていましたが、レースでもちょっと右に行こうとしていました。それでもいい伸び脚で、何とかなると思いました。今回は初めての騎乗でしたが、すごく能力の高い馬で、いい馬に乗せて頂いて感謝しています」

2着 アドマイヤタイシ(岩田騎手)
「もう少しだったんですが…でも力をつけています」

3着 タガノエルシコ(幸騎手)
「直線に向いて手応えはありました。道中は力んでいましたが、終いはよく伸びてくれました。とにかく今日は馬込みでレースが出来たことが大きな収穫です」

4着 キングストリート(酒井騎手)
「前半であまり置かれてもと思い、肩ムチを入れたら反応して行く気になり、3コーナーではうまく息が入りました。直線は一団の中で進路を探して、最後はすごい脚を使いました。これがキッカケになればと思います」

6着 サトノパンサー(松田騎手)
「前走1600万下を勝ってのレースでしたが、この馬なりに良くなっています。クラス慣れさえすればいいところを見せてくれると思います」

8着 フレールジャック(福永騎手)
「2番手で我慢していましたが、少し力んだ分、伸びませんでした。それでも大きく負けていませんし、自分の形に持ち込めばもっとやれると思います」

12着 ヒストリカル(浜中騎手)
「どうしても進んで行かず、開き直ってじっくり構えて行きましたが、外に持ち出した後はジリジリとしか伸びませんでした」

15着 リルダヴァル(池添騎手)
「いい感じで折り合いがついて、4コーナーでも手応え十分でした。しかし、前回ほどの伸びはなく、後ろからの馬に差されてしまいました」

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

 - 朝日チャレンジカップ , , ,